正式名称アーカイブス
「あれってなんて名前なの?」よく見かけるけど名前がわからない・・・正式名称アーカイブスでは,そんな「あれ」の正式名称を日々探しまわっています.

お札の正式名称


お札の正式名称は何ですか?「紙幣」ですか?



日本の場合,正確には「日本銀行券」と言います.


紙幣」には政府が発行する「政府紙幣」と銀行が発行する「銀行券」がありますが,日本の紙幣には日本銀行が発行する「日本銀行券」しかありません.


「1万円札」という名称は正確には「一万円券」と言います.


500円玉や100円玉は「貨幣」です.

"500円硬貨"とか"100円硬貨"とも呼びますが,「硬貨」というのは金属で作られた貨幣のことです.


「貨幣」には「本位貨幣」と「補助貨幣」の2種類がありますが,日本では1988年以降は「貨幣」に一本化されています(性格的には「補助貨幣」です).


日本銀行券は「独立行政法人 国立印刷局」が,貨幣は「独立行政法人 造幣局」がそれぞれ製造しています.


現在発行中の貨幣の"より正確な"名称は次の通りです.


500円ニッケル黄銅貨幣

100円白銅貨幣

50円白銅貨幣

10円青銅貨幣

5円黄銅貨幣

1円アルミニウム貨幣


▼参考


ちなみに日本銀行券は「肖像画(二千円券の場合は守礼門)がある方が」です.

▼参考


貨幣の場合は「年号のある方が」です.ただしこれは造幣局の作業上の必要性によるものです.

▼参考


貨幣は同一額面金額の20倍までに限って使用することができます.たとえば5000円の買い物をする際に100円玉を50枚出しても,相手はこれを拒否することができます.ただし,500円玉を6枚・100円玉を20枚であればOKです.同じ額面の貨幣の枚数が20枚以内であれば合計枚数が20枚を越えていてもよいのです.

ちなみに日本銀行券の場合は50000円の買い物に千円券50枚を出しても問題ありません.これを「強制通用力」と言います.日本銀行券には無制限の強制通用力がありますが,貨幣には額面の20倍までしか強制通用力がありません.ですので50000円の買い物をする際,500円玉100枚での支払いは相手が拒否することができますが,五百円券(岩倉具視のお札)100枚なら相手はこれを拒否できないということになります.

▼参考



ところでみなさんは「昭和64年のお金は希少価値がある」と思っていませんか?昭和64年は7日間しかなかったのでその間に作られた貨幣の枚数も少ない,だから昭和64年のお金の価値は高い,というのがその理由に挙げられますが,これは本当でしょうか?


造幣局のサイトを調べてみたところ,やはり昭和64年の貨幣の製造枚数はその前後の年に比べてかなり少ないのがわかります(50円玉と100円玉の場合は1枚も作られていません).しかし,よく見ると実は昭和64年より製造枚数が少ない年がかなりあることがわかりました.特に昭和62年の50円貨幣などは775,000枚しか製造されていません.


以下に各貨幣の製造枚数を少ない順に並べた簡単な表を作ってみましたのでコレクションの際の希少価値判定の参考にして下さい.


1円
年度発行枚数
昭和43年0
平成13年8,024,000
平成14年9,667,000
昭和64年116,100,000

5円
*印は旧5円)
年度発行枚数
昭和29,30,31年0
平成12年9,030,000
平成18年9,594,000
平成20年9,811,000
平成19年9,904,000
昭和32年10,000,000*
平成17年16,029,000
昭和42年26,000,000
昭和34年33,000,000
昭和35年34,800,000
昭和28年45,000,000*
昭和33年50,000,000*
昭和27年55,000,000*
平成11年60,120,000
昭和36年61,000,000
昭和64年67,332,000

10円
*印はギザ10)
年度発行枚数
昭和31年0
昭和33年25,000,000*
昭和32年50,000,000*
昭和34年62,400,000
昭和61年68,960,000
昭和64年74,692,000

50円
(少ない順に5年分)
年度発行枚数
昭和64年0
昭和62年775,000
平成12年7,026,000
平成13年8,024,000
平成20年8,811,000

100円
(少ない順に5年分)
年度発行枚数
昭和64年0
平成13年8,024,000
平成14年10,667,000
昭和59年41,850,000
昭和58年50,000,000

旧500円
(500円白銅貨幣)
年度発行枚数
昭和62年2,775,000
昭和64年16,042,000

▼参考






アーカイブメニュー

リンク




正式名称アーカイブス