±PLUS



テクニカル指標解説:MACDとは?






ここではテクニカル指標として用いられる「MACD」について詳しく解説します.



MACDとは


MACDとはMoving Average Convergence Divergence の頭文字のことで,日本語だと「移動平均収束拡散法」です.

MACDの計算には「指数移動平均」を利用します.三つの指数移動平均を用いることで買いシグナル,売りシグナルを判断します.



MACDの計算


MACDは次のように計算します.


MACD

MACDシグナルがMACDを上抜いたら買い,下抜いたら売りのように判断します.
また,MACDとMACDシグナルの差をOSCIと言い,棒グラフで表します.


MACDの計算では(x,y,z)の組み合わせとして(12,26,9)などが使われます.

実際のUSD/JPY(日足)のMACD(12,26,9)を表すと次のようになります.
赤線がMACD,青線がMACDシグナル,緑の棒グラフがOSCIです.


MACD




関連情報
生活情報アーカイブス TOP
±PLUS