±PLUS



FX(外国為替証拠金取引)の仕組み






初心者には敷居の高そうなFXですが,その基本的な仕組みは単純です.ここではFX取引を始める前に知っておきたい基本情報をまとめています.



外国為替で利益が出る仕組み


FXとはForeign eXchangeの略で,要するに「外国為替」のことです.ニュース番組を見ていると必ず「本日円相場は,昨日より○○銭円高ドル安の1ドル○○円○○銭~○○銭で取引されています~」というようなフレーズが流れます.

例えば1ドル=90円のときに10,000ドル買っておいて,1ドル=100円になったときに全部売れば10×10,000=100,000円儲かることになります.これが外国為替で利益を上げる最も基本的な仕組みです.



FXと外貨預金の違い


外国為替取引と聞いてまず思いつくのはFXよりも「外貨預金」かもしれません.

「高い金利に注目して長期で利益を上げる」という外貨預金に比べ,FXは「為替レートに注目して短期で利益を上げる」ことに向いています .FX取引の詳しい特徴は次項以降で解説しています.


【FXの特徴解説ページ】


円高と円安


1ドル=90円が1ドル=100円になったら・・・これは「円安ドル高」です.これを聞いて誰しもが思う疑問…「え?逆じゃないの…??


ぱっと見ると90円が100円になったのだから「円高」のように感じます.では「1ドルを円に交換する」ことを考えてみましょう.
1ドル出したら前は90円しかもらえなかったが,今は100円ももらえる・・・これは「円がお買い得」つまり「円安」ということです.


円安ドル高が進むと輸出企業にとって有利に働きます.「日本車を輸出してアメリカで1万ドルで売る」場合,1ドル=90円なら90万円の売り上げになります.それが1ドル=100円になると100万円の売り上げになるので10万円の得になります.


一方,円高ドル安が進むと輸入企業にとって有利に働きます.「1万ドルの外車を輸入する」場合,1ドル=90円なら90万円で仕入れることができます.それが1ドル=100円になると100万円で仕入れなくてはならないので10万円の損になります.




関連情報
生活情報アーカイブス TOP
±PLUS