±PLUS



レバレッジのメリット・デメリット






レバレッジとは?


レバレッジとは"leverage"つまり,てこ(lever)を使うという意味です.FXでは「レバレッジ」をかけることで手元の資金の何十倍の金額の取引を行うことができます.少ないお金で大きなお金を動かす,まさしく「てこの原理」というわけです.


例えば1ドル=100円のときを考えてみましょう.
このとき,1万ドルの取引をしようとすると,通常なら資金は100万円必要です.これがレバレッジをかけない(レバレッジ1倍)の状態です.※スプレッド等は考慮していません.そこでレバレッジを5倍にすると,資金は1/5つまり,20万円で1万ドルの取引が可能となります.さらにレバレッジを25倍にすると,1/25つまり4万円で1万ドルの取引が可能です.
このように,少ない資金で大きなお金を動かすことができるのがレバレッジの魅力です.



レバレッジをかけない(1倍)のとき

レバレッジ5倍のとき

レバレッジをかけない25倍のとき


レバレッジをかけるメリット・デメリット


1ドル=100円で買った1万ドルが,1ドル=102円になると,1万×2=2万円の利益となります.

レバレッジなしなら資金100万円で2万円の利益,つまり原資に対する利益率は2%です.レバレッジ25倍なら資金4万円で2万円の利益,つまり利益率は50%にもなります.このようにレバレッジを25倍にすることで,利益も25倍にすることができるのです.
このレバレッジこそが,FXで少ない資産から大きな利益を上げるための最大の武器であり,また同時に,破滅への罠ともなるわけです.


というのも,利益を25倍にできるということは,損失も25倍になる可能性が十分にあるからです.
仮に1ドル=99円になると2万円の損失です.レバレッジ25倍なら,為替レートが1円動くだけで,資金が半分に減ってしまうことになります.もし1ドル=98円になると,4万円の損失,つまり資金のすべてを失ってしまいます.


FXでは損失が大きくなってくると,損失拡大を防ぐため手持ちのポジションが強制的に決済されてしまいます.レバレッジを高く設定(ハイレバレッジ)して取引を行っていると,為替レートが大きく変動したときに一瞬にして多大な損失を被る可能性が高くなってしまいます.低レバレッジであれば,為替レートが多少変動してもそれにつられて決済されてしまうことはありませんが,ハイレバレッジの場合は一瞬の為替レートの変動につられて即決済されてしまいます.

FXでは基本的に手持ち資産がゼロになることはあっても資産がマイナスになることはありません.しかしあまりにも急激な為替レートの変動があると,強制決済が追いつかず,結果的に元手資金以上の損失を被る可能性もあるということに注意です.


※2011年8月より法規制により,25倍を超えるレバレッジは利用できなくなります.



関連情報
生活情報アーカイブス TOP
±PLUS