±PLUS



青春18きっぷを活用する






安く旅行するための定番きっぷと言えばやはり青春18きっぷではないでしょうか. ここでは青春18きっぷの利用方法を紹介します.



青春18きっぷとは?

  • 5枚綴り(11,850円)で販売されます.金券ショップではバラ売りされている場合もあります
  • 1人で5日間利用するだけでなく,5人で1日間利用することも可能です.
  • JRの普通列車(快速含む)に1日間乗り放題です.途中下車も自由.ただし特急・急行列車には乗車できません
  • 普通列車の指定席は指定料金(平常520円)を追加すれば乗車できます
  • 普通列車のグリーン席(ただし自由席)に限り追加料金を払うことで乗車できます (主として首都圏の普通列車)
  • 使用期間が春期・夏期・冬期に限定されます

     春:発売期間 02/20-03/31 利用期間 03/01-04/10
     夏:発売期間 07/01-08/31 利用期間 07/20-09/10
     冬:発売期間 12/01-12/31 利用期間 12/10-01/10

※詳細な発売期間・利用期間についてはその都度ご確認ください.



青春18きっぷと普通乗車券の違い

  • 青春18きっぷは移動経路に制約はありませんが,普通乗車券は記載された経路での移動しかできません
  • 青春18きっぷは途中下車に一切制約はありませんが,普通乗車券は「引き返しての」途中下車はできません.また普通乗車券の場合「電車特定区」内での途中下車は無効です
  • 特急(急行)を利用する場合,青春18きっぷの場合は「特急(急行)券」に加え特急(急行)利用区間の「乗車券」も購入する必要がありますが,普通乗車券の記載経路内で特急(急行)を利用する場合は「特急(急行)券」のみを購入すれば利用可能です
  • 青春18きっぷは当日限りの利用に限定されますが,普通乗車券は距離に応じて有効利用日数が決まります
  • 複数人で1枚の青春18きっぷを利用する場合,全員が同じ経路を移動しなくてはなりません.(途中駅で1人だけ解散,などは不可)
  • 青春18きっぷは自動改札機を通れません.駅員に提示する必要があります


青春18きっぷのこまかいルール

  • 『1日乗り放題』の有効期限は「24:00まで」ではなく,「24:00を過ぎて最初に停車する駅まで」です
  • 東京・大阪特区では終電まで有効です
  • 基本的に普通列車しか利用できませんが,石勝線の「新夕張駅-新得駅」間,津軽線/海峡線の「蟹田駅-木古内駅」間,宮崎空港線の「宮崎駅-宮崎空港駅」間,奥羽本線の「新青森-青森」間の各駅では特例的に特急列車に乗ることができます
  • ただし,特例区間をまたいでの特急列車での移動は認められていません
  • 普通列車だけでなく「宮島航路」も青春18きっぷで利用することができます
  • 東京メトロ地下鉄千代田線の「綾瀬-北千住」間でも利用することができます
  • 青春18きっぷを提示することでJRホテルグループでの宿泊割引きが受けられます
  • しかし,JRホテルグループの宿泊料金は総じて高めなので,青春18きっぷ利用者にはあまり意味がありません



青春18きっぷの類似きっぷ


9月末から10月中旬までの時期には「鉄道の日記念きっぷ」という切符が発売されます.利用方法は青春18きっぷと同じですが,鉄道の日記念きっぷは3枚綴りで9180円です.(1枚あたり3060円)
また,利用をJR西日本管内に限定した「鉄道の日記念・西日本一日乗り放題きっぷ」も同時期に発売されます.こちらは1枚ごとの発売で1枚3000円です.



関連情報
交通情報 TOP

±PLUS